お気に入りのボトムが入らない

今までずっと購入し続けていたアパレルブランドがあったのですが、仕事が忙しくてあまり私服を着る機会がなく、なかなか着ることができない状態でした。

 

久しぶりに休日に出掛ける用事ができ、ワクワクしながらそのブランドのボトムを履いてみると、なんと太ももがパツパツだったのです。

 

挙句の果てには、お尻がきつくてチャック部分がきつそうな状態でした。

 

さすがにこのまま外出する訳にはいかないので、仕方なく他の服を着たのですが、好きなブランドの服だけにショックは大きかったですね。

 

つい1ヵ月前までは履いていたボトムですし、何度もショップに行ってやっと購入したお気に入りのものだったのでまた着たい!と思い、下半身痩せを決意しました。

日常生活で簡単にできる足痩せ方法

ですが、実際に痩せようと思うと仕事が忙しくてなかなか運動をする時間もなく困っていました。

 

そんな時に、インターネットで検索をしてみると、私のような普段座りっぱなしの事務員でも簡単に下半身痩せをすることができると書いてあったのです。

 

その方法とは、座っている時に両ひざをくっつけて、つま先は膝から斜めに行くようにしておく方法です。

 

分かりやすく言うと、アナウンサーやタレントがテレビに出る時に座っているような上品な座り方です。

 

そんなことで下半身痩せができるのかと不安だったのですが、自分が思っていたよりもつらくて5分間続けるのが限界でした。

 

翌日には太ももが筋肉痛になってしまいましたし、シンプルな方法ではありますが効果は高いのだと実感しました。

お気に入りの服が入るようになりました

結局、仕事がある週5日毎日その座り方を1ヵ月程度続けました。

 

初めは慣れないのでいつの間にか膝が開いてしまったりしましたが、太ももの間に定規を挟んだりしてなんとか意識をするようにしていましたね。

 

その結果、周りから「足の形綺麗になったね」なんて言われることも増えました。

 

確かに、鏡を見た時にはふくらはぎもスッキリしたように感じました。

 

酷かったむくみの症状も緩和されたので驚きましたね。

 

何よりも嬉しかったのが、ダイエット前に履けなくなっていてショックを受けていた憧れのアパレルブランドのボトムが、余裕のある状態で履けるようになっていたことです。

 

その時は25インチを履いていたのですが、後日ショップに行った時には「24インチでも良さそうですね」なんて言われて、とても嬉しかったのを覚えています。