足が太いといわれた苦い思い出

中学生の頃まではそこまで自分の体型を気にしたことはありませんでしたが、高校生になるにつれて徐々に体重が増えてきました。

 

特に下半身はがっちりしていて、太ももの辺りはぜい肉だらけ。

 

制服のスカートを履くのも恥ずかしいくらいでした。

 

高校を卒業後は大学に進学したのですが、中学、高校とは違い私服での通学しなければなりません。

 

相変わらず脚は太くて、どうにかして痩せたいなと思っていたのですが面倒くさがりの私は中々行動に移すことができず、なるべく脚がでないようにスカートは履かずにパンツスタイルで学校に行くようにしていました。

 

しかし、ある時仲の良い男友達に「お前本当に足太いよな」と言われたのです。

 

ストレートに言われてショックな反面、否定できない自分が…。

 

悔しかったこともあり、ダイエットを決意しました。

リンパマッサージを日課に

太ももとを細くするために、脚のマッサージを毎日欠かさずしました。

 

美脚になるためには脂肪を落としたり、筋肉をつけることも大切ですが、むくみをなくすのがまず第一だと思ったからです。

 

これは、友人が実際にやっていた方法で効果があったと聞いたので私もやってみることに。

 

よく雑誌などでも写真付きでリンパマッサージの方法が載っているのですが、それを参考にして行いました。

 

両手で脚首を包み込むように持ち、少しずつ力を入れながらひざに向かってマッサージをしていきます。

 

ひざより上の部分になるとマッサージの仕方を変えて、太ももの内側を両手でつまむようにして力を入れて揉みほぐし、これを毎晩就寝前に必ず行うようにしました。

 

最初は力加減がよくわからず、強くした方がそれだけ効果もあるのかなと思っていたのですが、強すぎて太ももに青あざができてしまったときがあったので何事も過度にやりすぎることはよくないとも実感しました。

 

また、締め付ける圧力によるマッサージ効果でむくみの改善が期待できる着圧タイツのリンパマッサージセルライトスパッツで脚痩せできるように努めました。

スキニーパンツにゆとりがでました

脚のリンパマッサージを約半年続けていくと、徐々に効果が表れてきました。

 

特にひざ下部分より、太もものほうが細くなったように感じました。

 

これまで履いていたスキニージーンズを履くと、一番パツパツだった太ももの部分にゆとりができ少しぶかぶかになっていたのです。

 

これにはさすがに嬉しさを感じて、他のパンツも履いてみるとスキニーパンツ同様にサイズが大きくなっていることを実感。

 

勇気をもって何年かぶりにスカートにも挑戦して通学すると、周囲の人はもちろんのこと脚が太いと言ってきた男友達にも「脚細くなったね」と言われたのです。

 

自分で脚が太いことを実感していても、周囲の人に言われると改めて実感させられそれと同時に頑張らないとという気持ちも生まれてきます。

 

今回のことに関しては、男友達の一言で「脚を細くしよう」と決意できたので、ショックだったとはいえ結果的に細くなれたので彼に感謝しています。

 

同じように脚が太いことで悩んでいる方がいれば、長期的な方法にはなってしまいますが脚のマッサージとタイツをぜひ試してみてください。